髪が痛みすぎてバサバサ

私の高校の校則では髪を染めることは禁止されていました。ですが、小学生の頃から漠然と将来は金髪のような派手な髪色にできるものだと思い込んでいました。高校3年間は我慢して地毛のまま、つまり黒髪で過ごしました。卒業式が終わった後には母親に「いつ髪の毛を染めに美容院に行ってもいい?」が口癖でした。

フッサ育毛剤はどの通販サイトが最安値?私の口コミや効果なども大暴露!

初めて美容院で髪色を黒から他の色に染める時、ワクワクが止まりませんでした。母の勧めから一番はじめは暗めの茶色からスタートしました。その1ヵ月後には私は進学のために地元を離れなければなりませんでした。そこから私の派手髪生活は始まりました。一人暮らしを始めた翌月にはブリーチをしていました。完璧な金髪を求めていたので、毎月のように美容院に行き、明るい髪色をオーダーしました。いつの間にか私のイメージは常に髪が派手な人と言われていたと友達が教えてくれました。

念願の派手髪の一方で、その代償はとても大きかったです。気づけば髪はパサパサを通り越してバサバサになり、枝毛も増えました。毎日ヘアトリートメントやオイルでケアはしますが、美容師さんには髪を切った方がいいと言われるくらいです。ですが、3か月後に成人式が控えているので、毎日のケアを怠らないようにしようと思っています。