食と運動のバランスについて。

私は中学から高校にかけて肥りました。
もともと40キロ台と細身だった私が3年程で60キロ越えに。
友達には「ストレスで肥った。」と言い訳をしてお菓子を毎日食べていました。
学校の健康診断でも「健康」だったのが「やや肥満」に。
身長も150センチ程度と低い私からすればかなりの脂肪量でした。

ベルミススリムタイツを履いた効果

3食きちんと食べてお菓子もジュースも大量摂取。
土日は家族でバイキングへ行く日々。
通学においては母に駅まで送ってもらい、電車。
こんな日々が続き、駅の階段も上れなくなりました。
駅のエレベーターを使っては友達に笑われ、周囲の目を気にしながら乗るように。
体育ではラジオ体操だけで筋肉痛に。

母からも「いい加減動きなさい。」と怒られました。
動くのが嫌だった私はご飯を減らしました。
昼の弁当はカップのおかず3個と薄く平らに延ばした白米。
晩ご飯もお子様ランチ程度の量にしてほしいと母に頼みました。
友達からは弁当を見られ「そんなので足りるの?」と心配されました。

しかし、お腹が空いてイライラする。
過食衝動が止まらなくなり、一気に爆食いするように。
結果的に体重が減ることはありませんでした。

母からウォーキングを勧められ、自宅の近所を歩くように。
母も時間があれば一緒に歩くようになりました。
体重も50キロ台に落ち着きました。
食事量と運動量のバランスの大事さを改めて感じた体験でした。