私が好きな肌と生きていくために

私は小学生から高校を卒業するまで剣道をしていました。剣道は被り物をするためどうしても汗をそのままにしてしまうのです。http://smartsalespro.net/

部活動が忙しく肌を気にすることもありませんでしたが、高校最後の大会が終わってから肌を気にするようになりました。今思えば中学生のころきちんとケアしていればと後悔しています。ニキビができるとどうしても気になって触ってしまうため痕になってしまします。

それが高校生になるまであり、専門学校でもファンデーションで隠すようにしていました。23歳ころからニキビは落ち着いてきたものの、シミが気になり鏡を見ては落ち込むこともありました。洗顔に気をつけたり入浴後は保湿をしっかりするなど心掛けていました。今25歳で肌がきれいと言われたことがあり、泣きそうなほど嬉しかったです。

私は敏感肌ではないので決まった化粧品を使っているわけではなく、とりあえず使ってみて自分に合いそうなものを使うようにしています。でもそれを使い続けるのではなく、新しい商品が出ていたら使ってみるようにもしています。最近は毛穴汚れが気になるので今はそれを徹底してきれいにしていこうとしています。すべてを同時にするのではなく、その時その時に気になった部分をきれいにするよう私は心掛けています。