青春は臭いと共に消えた

学生時代のほとんどを剣道についやしてきた。

剣道といえば、礼儀を重んじるスポーツで、子供にさせてみたい!という父親母親は多いと思う。

プルーストクリームを辛口評価!

6歳から18歳まで続けた剣道経験は実に役に立った。

高校もスポーツ推薦で通ったし、就活においても「剣道してたの!いいねぇ~」と面接官の目をひいたし

何より結婚するとき、剣道三段を持っているというと義父はとても関心をよせた。(結婚の挨拶なのに就活のようだと感じた)

上下関係や礼儀を学ぶこともできる実に素晴らしいスポーツである。

しかしタイトルからして、もうお気づきだろうが

 臭 い のだ。本当に臭いのだ。

何が臭いのかというと、考えてみてほしい。真夏でも体育館の中であの防具をつけて動きまくる。汗がでる。

どんな臭いかよく聞かれるが。。酸っぱい。埃臭い。独特なのだ。

どんな臭い?とか例えるのでなく「剣道の臭い」という項目があっていいと思う。

そしてその防具は洗えないのだ。

不衛生極まりない。そんな中ファブリーズ様には何度も救われた。確かに臭いの軽減はあった。

不思議なことに、小手(手にはめる防具)に関しては石鹸で洗っても臭いはなかなか取れないのである。

そんな青春を過ごした私も恋はする。

ワクワクしながら何度かデートを重ねていたが、ある日を境にぱたりと連絡がこなくなった。

部活の直後にデートにいったのである。(私なりにボディシートなどの努力はしたが。。。)

その時はフラれたショックで泣いたが、今なら「あぁ。。確かに女の子からあんな臭いがしたら嫌にもなるだろうな・・」と腑に落ちている。

今私は結婚して二人の息子がいる。実はついこの前まで近所に道場があったので、懲りもなく剣道をさせてみようか・・・と考えてみた。が、臭いのフラッシュバックにより母親の私が断念してしまった。

剣道は臭いさえなければ素晴らしいスポーツである。いつか私のように青春を臭いで奪われることのないよう、臭い0になるデオドランド商品が生まれることを切に願っている。