シミと見た目年齢とマスクの関係

コロナ禍の中でマスクをするのが日常となった昨今、30代の私はシミとほうれい線に悩み始めました。

nicoせっけんの効果と私の口コミ!最安値で購入可能な通販サイトも紹介

薄いシミは下地とファンデーションで消えるのに憎たらしく存在をアピールする濃いめのシミ、コンシーラーを使っても薄くなる程度で、よく見れば分かってしまう…。シミも出てきておばちゃんかぁ〜と思っていた。しかも、私のシミはちょうど頬骨ら辺にあるので、人と顔を合わせると自然と見られてしまう。

そんなことを悩んでいた時コロナでマスク着用を始めた時、シミを見られないという安心感からか、マスクの下で前よりも笑顔が増えたような気がしました。

そんな事を思いながら日々を過ごしていたある日、お風呂上がりで化粧水を塗るためにふと鏡をみたときでした。なんと、前よりほうれい線がくっきりとしてきたような。マスクをしているからでしょうか。マスクに圧迫され頬肉が垂れ下がって来ているのでしょうか…。

私はそれからマスクの下でほうれい線を薄くする口内体操をYouTubeから見つけ出し暇さえあればやるようにしています。マスクをしているからと言って美容意識が下がればマスクを外した時に悲しい現実を見てしまうのだなと思いました。マスクをするようになり、目元だけしか見えないので少し若くみられるようになりました。マスクを外しても同じように思われるようにしたいなと思いながら日々の美容に気をつけていきたいですね。