お肌の曲がり角

若い頃(10代〜20代前半頃)はお肌の悩みと言えばたまにできるニキビくらいのもので、特に大きな悩みもなく過ごしてきました。
しかし、20代も半ばをすぎた頃にドレッサーでメイクをしているとき、いつもはつけないドレッサーについている照明をたまたまつけたんです。
そしたら鏡を見てびっくり、お肌の粗がパッと映し出されました。

http://www.jakarta-palembang2018.org/

小鼻横の頬の毛穴…広がりまくった毛穴…なぜ今まで気づかなかったのか不思議なくらいに進行してしまった毛穴を発見しました。もともと夜のバイトをしていて、生活も荒んでいてメイクを落とさず寝たり、食事も不摂生なのもかなり大きく影響していたんだと思います。その毛穴にひとたび気づいてしまってからはもう、自分の毛穴にしか目がいかなくなってしましました。今まで気づいていなかったのが不思議なくらいでした。

その日からは、もうどんなに疲れて帰ってきても、メイクはしっかりその日のうちに落とし洗顔すること、食事もファーストフードは控えめに、基礎化粧品もかなり奮発してアンチエイジング系の高級基礎化粧品に変えました。やはり今までのマイナスの積み重ねがあったので、速攻で変化があったわけでは無いですが、お肌に気を使った生活を数年続けた今、だいぶ肌状態は回復したと思います。

今ではファンデーションや日焼け止めも、仕上がりやカバー力だけではなく、ノンケミカルでなるべく肌に負担をかけない物を選ぶようにしています。残りの人生はなるべくお肌を労った生き方をしていきたいと思います。