皮膚炎の予防法について

お肌の悩みの一つに「皮膚炎」がありますが、その予防法には以下のような物があります。

一つ目は、「肌を清潔な状態に維持する」。アスハダ

肌に付いた物が刺激となったり、細菌などを増やして、皮膚炎が悪化することがあります。

入浴や洗顔を行う時は、石鹸や洗顔料をしっかり泡立て、優しく洗うようにしてください。

二つ目は、「保湿ケアを行う」。

人間の肌は、いちばん外側にある角層で潤いをキープすることで、乾燥・紫外線・花粉などの外的な刺激から守る「肌のバリア機能」を保っています。

このバリア機能は、角層から水分がなくなると下がってしまうので、日々保湿ケアをし、角層の潤いを維持するようにしましょう。

三つ目は、「刺激物質やアレルギー物質を避ける」。

刺激となる物質やアレルギー物質が判明している場合は、それらを避けることも重要です。

薬剤・化粧品・金属製品などに触った後に皮膚炎が起きたら、すぐに使うのをやめ、病院で受診してください。

四つ目は、「汗を小まめに拭き取る」。

汗をかいた時にそのまま放っておくと、汗の中の塩分や乳酸などの老廃物が刺激となって、皮膚炎を生じさせることがあります。

ですから、汗をかいたら小まめに拭き取るか、シャワーで洗い流すようにしましょう。